人材業界営業@一歩のノウハウ共有ブログ

人材業界のならでは情報を発信します。

②新規商談編

こんにちは。

人材業界営業マンの一歩です。

 

今回は、新規商談編の実践ノウハウを書いていきます。

 

新規商談のゴールは

担当として信頼される事

求人依頼を受ける事

この2つです。

 

信頼される営業に必要なスタンス。

それは正直者であることです。

 

顧客の要求を鵜呑みにせず、対等な立場で採用のプロとして助言する。

 

無理な要求は無理とはっきり言う。

 

下手に気に入られようと迎合すると、顧客と対等な立場を築けなくなり完全に舐められます。

 

値下げ交渉とか仕掛けられます。

 

毅然とした態度で、自分が顧客を選ぶ。そのくらいの高いプロ意識で商談しましょう。

 

自信は顧客にも伝わるので、自然にこちらを採用のプロと認識しアドバイスを求めてきます。

 

そうなれば、あとは自社のサービスをいかに有効に使うか教えてあげるだけで簡単に納得してくれます。

 

しかし、新人のうちは自信を持つことは難しいと思います。

 

ただ、明らかにこちらを下に見ている顧客も中にはいます。特に新人と分かると多いですね。

 

新人でも舐められたと察知したら、少し勇気がいりますが、その顧客とは取引しないという選択肢を持ちましょう。

 

自分も気持ち良く仕事が出来る相手じゃないと必ず後になってトラブルが起きます。

 

採用のプロというプライドを無くしたら、ただの御用聞きに成り下がります。

売れないしつまらないです。

 

顧客にメリットがある、現状のままだと顧客がデメリットを被ると思えることは臆せず意見をぶつけましょう。

 

時には考えが違いぶつかる時もありますが、後になってやっぱりアイツが正しかったと戻ってくる顧客もいます。

 

あくまで採用を成功させるプロだというスタンスは崩さないで下さい。

 

時には自社で対応出来ない場合は、他社のサービスを勧める時もあるかもしれません。

 

今は、もったいないと思うかも知れませんが、後で必ず帰って来ます。

 

極論ですが、商談の場で自社のサービス説明なんて必要ありません。

 

自分が御社の1番の採用担当だと思わせられるかが勝負です。

 

人材に困ったら、まず1番に連絡が飛んでくる。そんな営業が最強です。

 

今回は具体的なノウハウが無く申し訳ございません泣

 

ただ、具体的なノウハウは自社の先輩に聞いた方が有意義だと思います笑

 

私が伝えたい事は、採用のプロとしてのプライドが無い営業になっても、全然つまらないし売れないので今回はスタンスの話を多めにしました。

 

以上です。

次回はヒアリングです。

質問などお気軽に。