人材業界営業@一歩のノウハウ共有ブログ

人材業界のならでは情報を発信します。

③ヒアリング編

こんにちは。

人材業界営業マンの一歩です。

 

人材営業ノウハウ第3弾

ヒアリング編をお伝えしたいと思います。

 

第2弾では、商談で顧客から信頼され採用のプロとして認識してもらうことをポイントとしています。

 

そして、求人依頼を受けたらヒアリングの工程に入ります。

 

ヒアリングは求人の質を決める重要な工程です。

ヒアリングが甘いと求職者やコーディネーターに顧客からのメッセージが伝わらず、なかなか紹介に繋がりません。

 

基本中の基本ですが、ヒアリングの考え方を書いておきます。

 

1.企業の全体像を掴む

 

企業の製品、サービス

企業の顧客

企業の競合優位性

 

この3観点で企業の全体像を掴みます。

 

2.仕事内容を把握する

分かりやすく5W1Hで聞きましょう。

 

1日の流れ、やりがい、大変なポイント、配属部署の構成、教育体制、キャリアアップ、転勤の有無など求職者が知りたがりそうな情報を細かく拾いましょう。

 

3.面接の内容と観点の共有

 

誰が面接するのか?

評価するポイントはどこか?

過去の採用事例

など、企業がどんな人を採用したがっているのか面接内容から推測します。

 

4.雇用条件の確認

 

給与、休日、残業は特に細かく聞きましょう。

いい加減な情報はトラブルの元です。

 

5.写真を求人に貼れる場合

 

出来るだけ社員が写っているものを選択してください。

一緒に働く人が見えるだけで求職者は安心します。

 

ヒアリングは聞くことがバラバラになると浅い情報しか取れなくなります。

 

HPや過去の求人媒体などを見てしっかり事前準備。

聞くポイントを抑えて臨みましょう。

 

社長へのヒアリングの場合はチャンスです!

 

今後の事業展望や最新の業界動向、社員への想いなどなど、社長にしか話せない内容を濃いめにヒアリングしましょう。

 

特に中小企業は社長の影響力が大きいのでそれだけで差別化出来ます。

 

なので、社長に雇用条件面を細かに聞くのはナンセンスです笑笑

 

ヒアリングする時のスタンスとして、自分がこの会社に面接しに行くと仮定して、ざっくばらんに気になるポイントや自分が鮮明にイメージ出来るまで仕事内容を把握出来るかにこだわりましょう。

 

人材業界は言葉の商売です。

たった一言で求職者の心を動かす事もあります。

単語一つにこだわり、丁寧に求人を書きましょう。

 

求人に正確な情報と魅力的な情報の両方を巧みに書ける営業は、求人の評判が上がり勝手に数字が上がります。

 

認知度が上がれば、紹介が集まり決定が生まれる。良質なサイクルに入ります。

 

質が高く、勝手に決定が生まれる求人をどれだけ持っているかが、安定的に売れるための大きなポイントですね。

 

今回は以上です。

次回は社内広報編。

ご質問あればお気軽に。